伝統の京友禅を、革小物に昇華させた「遊禅革®」の財布


友禅の新しい可能性を追求する「遊禅庵」
友禅の由来は、江戸時代に生きた京の扇絵師・宮崎友禅斎です。江戸文化が撩乱した元禄時代、彼の描く扇絵は大いなる人気を博しました。その画風を着物の文様に応用して染色したのが友禅染です。京都の地でもその染織技術が根付き、京友禅として多くのファンを生みました。華やかで美しい色彩を、反物ではなく牛革に染め付ける技術を完成させたのが「遊禅庵」です。

平成元年に着物メーカーとしてスタートし、「ひとりでも多くの着物ファンを生み出そう」をキャッチフレーズにしています。そして友禅をベースにした遊び心が溢れる革小物が「遊禅革®」であり、それは2013年に開発されました。

遊禅庵のデザインを担うのは、女性デザイナーです。伝統の中に、常に新しさを求めて制作されてきた着物は、アパレルデザイナーをはじめ、女優、歌手にもひいきにされています。「遊禅革®」には「和の文化をより身近なモノ・コトにつなげたい」という願いが込められているのです。


「京友禅」の型染の技術を革新し、革染色に応用した「遊禅革」





世界に誇る、多彩な美しさを誇る京友禅。一方で水分や熱に敏感な皮革を、堅牢度が高い柄に染め上げるのは難しいとされてきました。それを克服するため、遊禅庵では京友禅の技法をベースに、染料や型、染の道具、設備まで、専用のものを一から研究開発しました。

きものを染色する場合、13mの一枚布に型を置き、ずらしながら染めていきますが、「遊禅革®」の場合は、まず白くなめされた革を80㎝角に切り出すところからスタートです。日本を代表する産地である兵庫県で白くなめされた革から傷のない革を厳選して使用しています。実際に友禅染の着物を手がけている匠たちが、型染の技法で1色1型ずつ置き換えながら、手作業で染め付けています。

日本の伝統的な吉祥柄を色鮮やかな革財布


  

染色した革は自然乾燥した後、独自の機械で熱を加えて仕上げられます。特別な染料と熱加工をしており、コーティングなどの後加工の必要はありません。インクジェットプリントではなく、革自体を染め上げていて、この鮮やかさを実現しているのが「遊禅革®」最大の魅力です。

WA+YOではフェミニンな「花更紗」や、龍や蛇の鱗を模した「UROKO」をラインナップしています。鱗は身を守るという厄除けの意味や、生命力の象徴とされる吉祥柄です。かぶせタイプの長財布からスリムな二つ折り財布まで全部で3種類を用意しています。それぞれ収納の使い勝手も考え抜かれていて、実用度は満点です。また摩擦堅牢度5級を取得しており、革小物ならではの経年変化も楽しむことができます。

着物愛好者のみならず、和モノ好きの方へのプレゼントにも最適な「遊禅庵」のお財布を、ラッキーアイテムとして取り入れてみてはいかがでしょう。




― おすすめ商品 ―
遊禅革 かぶせ長財布
 
遊禅革 スリムL字長財布
 
遊禅革 スリム二つ折り財布