日常に取り入れたい上質な器たち「我戸幹男商店のTSUMUGIシリーズ」


山中漆器の伝統の技術
我戸幹男商店は1908年(明治41年)石川県山中温泉にて我戸木工所として創業しました。
当初は山中漆器の原形となる木を加工するいわゆる木地職人として活動していましたが、二代目の幹男氏の頃からは木地師を雇って製造販売をするようになりました。
その後、三代目の彰夫(あきお)氏と宣夫(のぶお)氏の時には、お二人の頭文字を取った「彰宣(しょうせん)」という現在の我戸幹男商店の源流となるブランドが誕生しました。


「彰宣」で取り扱う山中漆器の代名詞とも言われるのは「轆轤(ろくろ)挽き」です。その他にも、合口物などの精度を高める「縦木取り」、木地が透けるほど薄い「薄挽き」などは山中の木地師にしかできない特別な技術です。またこれに、漆を塗っては拭き取る作業を何度も繰り返す「拭漆(ふきうるし)」の工程を重ねることで木目はより鮮やかに、美しさを際立たせていきます。こうした技術によって生まれた天然木の器は一つとして同じものがない自分だけの特別な器になりますね。いつものメニューもさらに華やかに彩ってくれることでしょう。

現代デザインと職人技の融合「TSUMUGIシリーズ」
四代目、正幸氏は様々なデザイナーと高い技術をもつ職人たちを繋ぐプロデューサーとして手腕を発揮、実用性と芸術性を兼ね備えた新しい山中漆器を作り出し、多くの賞を受賞しています。

新旧世代のコラボレーションで古き良き伝統を現代へ引き継ぎ、デザイナーの石崎育味氏と共に完成させたのが「TSUMUGI」シリーズです。


一汁三菜椀」は日本の食文化のひとつである一汁三菜(主食と汁物、主菜、副菜、副々菜)を盛り付けるのに必要な6つの器をひとつに重ねることができます。


▲カラーバリエーションはPlain、Red、Blackの3色です。(写真使用カラーはRed)
商品購入はこちら ▶︎ TSUMUGI 一汁三菜椀

高台は椀の部分と一体となっていて流れるような曲線美で、両手で持つと丁度手のひらにフィットする形になっており、木のぬくもりを感じます。とても軽く滑らかな肌触りです。蓋を開けると次から次へと器が現れてなんだかワクワクします。また、椀の縁は大変薄いので口に含んでも違和感がなく、お料理の食感や素材感を邪魔しません。毎日の食卓を楽しむための主役となってくれる器たちです。


▲味噌汁やお汁粉などはもちろん、スープなどにもおすすめ
(写真左手前から時計回りに「駒型」Black、「仙才」Plain、「百合」Red)

名前と形に込められた想い
「椀」の形には一つひとつ名前があります。「駒型」「百合」「仙才」など10種類ほどのデザインがあり、形も名前も個性豊かです。このような古くから受け継がれてきた名前にはそれぞれ由来があります。例えば「駒型」は将棋の駒の形を表し、その音から子馬(こま)を意味します。馬は生後すぐに走ることができることから、出世を象徴しています。スタイリッシュなフォルムで存在感のある「椀」は味噌汁、吸い物、おしるこや甘酒などはもちろんのこと、洋食、中華、エスニックなど和食だけにとらわれず色々な料理を盛り付けてみたくなります。自分だけのオリジナルの使い方を探してみるのも楽しいですね。カラーバリエーションはPlain、Red、Blackの3色です。


「日本の食文化を紡ぐ」をコンセプトに立ち上げた「TSUMUGI」シリーズ。デザイン性と機能性にこだわった我戸幹男商店の器は全て国産ですので、安心してお使いいただけます。結婚や就職など新しい門出のお祝いに、海外へのお土産に、日頃お世話になっている方へ感謝の気持ちとして、そして自分自身への贈り物にもいかがでしょうか。




― おすすめ商品 ―
TSUMUGI 一汁三菜椀
TSUMUGI 汁椀 仙才
TSUMUGI 汁椀 駒型
TSUMUGI 汁椀 百合