• 黒地黒漆-ローズ
    黒地黒漆-ローズ
  • 黒地黒漆-小花唐草
  • 黒地黒漆-小花唐草
    黒地黒漆-小花唐草

    印伝 手提げハンドバッグ

    印傳屋(いんでんや)
    税込価格 獲得マイル
    必要マイル数 獲得マイル
    ¥ 19,800
    M 24750
    396マイル
    黒地黒漆-小花唐草
    黒地黒漆-ローズ
    数量
    在庫なし
    税込価格
    ¥ 19,800

    商品詳細

    薄型のシンプルな手提げバッグです。小ぶりなサイズなのでポーチとしてもお使いいただけます。

    内側にはポケットが1つ、ファスナーポケットが1つ、外側にはファスナーポケットが1つついていますので、アクセサリーやハンカチなどちょっとした小物を入れておくのにも便利です。


    印伝・印傳(いんでん)について

    武具や被服など、古くから日本で珍重・活用されてきた「鹿革」素材。印傳はこの鹿革素材に燻(ふす)べ技法と呼ばれる家伝の技法を用いた、熟練の職人だけが駆使できる日本唯一の革工芸技法です。軽くて丈夫で柔らかな感触は人肌に最も近いとも言われ、使い込むほどに手に馴染み、自然の感触をいつまでも楽しむことができます。
    表面に施される色漆の文様は日本の四季や自然の美しさを表現、時が経つほどに色が冴え、深みのある落ち着いた光沢になっていきます。

    スペック表

    税込価格 ¥
    必要マイル数 マイル
    本体サイズ(縦×横×高さcm) 15×22×6
    重量 186 g
    素材(技法) 印傳(鹿革,漆)

    注意事項

      ・漆は強く折り曲げたりひっかけたりすると、割れたり剥がれたりすることがあります。
    • 体質等によりごく稀にかぶれが生じることがあります。その場合は使用を中止して、医師にご相談ください。
    • ・革は汗や汚れがしみこみやすく、汚れなどが取れにくい性質があります。
    • 鹿革本来の持ち味を活かすため特別の色止めや加工は施しません。雨や水に濡れると風合いが変化したり、衣服へ色うつりすることがあります。
    • ・一枚革でも広い面積の色染めは、部分的に色ムラが生じることがあります。
      ・長時間日光に当たると色あせすることがあります。
      ・濡れた場合はこすらずに、乾いた布で軽くたたいて水分をとり、陰干しにしてください。

    ブランド情報

    印傳屋
    (いんでんや)
    印傳屋(いんでんや)は1582年に創業した「印伝」の老舗で、「甲州印伝」の総本家です。

    「甲州印伝」とは、甲州(山梨県)に400年以上にわたり伝承されてきた、鹿革に漆で模様付けをした伝統工芸です。「"印"度(インド)から"伝"来」を略して「印伝」となったと伝えられています。軽く丈夫で柔らかな鹿革の感触は人肌に最も近いといわれ、使い込むほど手になじみ、自然の感触をいつまでも楽しむことができます。野生の鹿の革は角ズレなどによるキズがあり、自然の模様として活かされます。

    印伝のような鹿革に模様をつける革工芸は、古くは奈良時代に作られた国宝の文庫箱(東大寺蔵)などにもみられ、戦国武将たちの鎧や兜などをきらびやかに飾りました。やがて江戸時代になると、江戸時代に遠祖 上原勇七が鹿革に漆付けをする独自の技法を創案、ここに甲州印伝がはじまったといわれています。この技法により作られた巾着、たばこ入れ、早道などは、当時の上層階級にたいへん珍重されました。

    創案した技法は、近年まで門外不出とされ代々の家長のみに口伝で伝承されてきました。しかし現在では印伝技法の普及のため、家伝の秘法は広く公開されるようになりました。

    また印傳屋では、伝統的なモチーフ・柄を大切に守り伝えると同時に、常に新しい感覚の模様・意匠の開発にも取り組んでおり、印伝の伝統技は、生活を彩る実用美として、稀少な日本の革工芸の文化を伝える担い手となっています。

    なお、甲州印伝は1987年には経済産業大臣指定伝統的工芸品に認定されています。

    SNSでシェア

    最近チェックした商品

    人気のブランド

    •    

    キャンペーン