• 片口
  • ぐい呑み 富士
    ぐい呑み 富士
  • ぐい呑み 日月
    ぐい呑み 日月
    • NEW
    • 残りわずか

    【残り1点】やま平窯元 エッグシェル 桜 片口・ぐい呑み ギフト

    やま平窯元(やまへいかまもと)
    税込価格 獲得マイル
    必要マイル数 獲得マイル
    ¥ 7,480
    M 9350
    74マイル
    片口
    ぐい呑み 富士
    ぐい呑み 日月
    数量
    在庫なし
    税込価格
    ¥ 7,480

    商品詳細

    飲み物を注ぐと桜の模様が際立つ、可憐なシリーズです。
    エッグシェルの片口に桜が彩りを添えました。



    エッグシェルの片口は、厚さわずか1mmの透けるように薄い磁器で作られた酒器。
    容量は、7分目で8勺となります。徳利と違って口の広い片口は、使った後も中まで洗いやすく、普段使いにぴったり。



    同じエッグシェルシリーズのぐい呑みと共にお楽しみ下さい。薄くて熱を通しやすいため、熱燗は避けて、冷酒やぬる燗用にご使用ください。

    【エッグシェル 桜 ぐい呑み 富士 Pink】
    エッグシェルのぐい呑み 富士に桜が彩りを添えました。



    内側にも桜の花弁が彩りを添えており、ほんのりと色付いた桜が透けて見える様は絶妙に美しく、目でお楽しみ頂けます。
    ぐい呑み 富士は特に海外の方に人気が高く、お土産としても最適です。

    【エッグシェル 桜 ぐい呑み 日月 Pink】
    エッグシェルのぐい呑み 日月に桜が彩りを添えました。



    内側にも桜の花弁が彩りを添えており、ほんのりと色付いた桜が透けて見える様は絶妙に美しく、目でお楽しみ頂けます。 側面の型を太陽と月に見立てました。



    エッグシェルについて
    江戸から明治にかけて作られた輸出向けの食器の中でも特に技術の域を極め、卵の殻のように薄く、丈夫な物を「卵殻手」と呼ばれ、西欧人から絶賛を博した磁器、「エッグシェル」。







    100年程前に一度、その技術が途絶えてしまいましたが、有田焼窯元「やま平窯元」の独自の技法によって新しく生まれ変わりました。厚さが1mm程のその素地は磁器特有の透光性があり照明器具と疑う程。有田焼の白さを感じていただくため、形状はシンプルに。表面は繭のイメージを施しています。手にした時のふんわりとした柔らかさと口当たりの良さを感じてください。



    スペック表

    税込価格 ¥
    必要マイル数 マイル
    本体サイズ(縦×横×高さcm) 片口:8.3×7.5×9
    ぐい呑み 富士:6×6×4
    ぐい呑み 日月:6×6×4
    容量 片口:250 cc
    ぐい呑み 富士:70 cc
    ぐい呑み 日月:63 cc
    素材(技法) 有田焼

    注意事項

    • 手仕事による独自の製法で作られた薄さにこだわった商品ですので、デザインやサイズに多少のばらつきがあります。
    • 薄さにこだわった商品の為、熱い物を入れるとやけどする恐れがあります。熱い物を入れてのご使用はお控えください。
    • ・直火や加熱調理器でのご使用はしないでください。
      ・キズやヒビが入った場合は、使用を中止してください。
      ・強い力を加えないでください。破損の原因になります。
    • 氷を落とすとグラスが破損する恐れがあります。氷をグラスに入れる際は傾けてご使用ください。
    • キズの原因になりますので、金属のタワシや研磨剤入りのタワシ、クレンザーの使用はしないでください。

    ブランド情報

    やま平窯元
    (やまへいかまもと)
    やま平窯元(やまへいかまもと)は、佐賀県有田焼の窯元です。

    先々代山本平作は有田焼窯元「山庄窯」の二男として生まれ焼物の修行を積みました。戦後間もなく、名前の二文字をとって「山平窯」として独立。

    先代山本正治により1972年社名を「やま平窯元」として法人化しました。2011年、山本博文が自社ブランド「Y’s home style」を立ち上げ、シンプルながらデザイン性のある食器やキッチンウェアを製造しています。

    山本博文が現在手がけるエッグシェルシリーズは、厚さが1mm程で、素地は磁器特有の透光性を持ち、有田焼の「白さ」、手にしたときの「柔らかさ」が感じられる器です。

    SNSでシェア

    最近チェックした商品

    人気のブランド

    キャンペーン