• クランク
  • クランク
    クランク
  • センター
    センター
  • ベント
    ベント
    • NEW

    TAMAHAGANE パター トウ・ヒール

    奥出雲前綿屋 鐵泉堂(おくいずもまえわたや てっせんどう)
    税込価格 獲得マイル
    必要マイル数
    ¥ 968,000
    M 1210000
    9680マイル
    クランク
    センター
    ベント
    数量
    在庫なし
    税込価格
    ¥ 968,000
    *こちらの商品は出品者から直接発送させていただきます。

    商品詳細

    島根県奥出雲地方は、1400年前より伝わる砂鉄からつくる日本古来の製鉄法”たたら製鉄”で日本一の鉄の生産量を誇った地域です。



    たたら製鉄で生成される和鉄は、村下(むらげ)と呼ばれる技師長の手により、砂鉄13トンと木炭13トンを土で出来た炉に、三日三晩掛けてゆっくりとくべられて作られます。





    その結果、余計な不純物が排出され、純度の高い”鉧”と呼ばれる3トンの大きな鉄の塊が出現します。
    更に中心部は、”玉鋼”と呼ばれる純度の高い炭素鋼で、主に日本刀に使用されるなど貴重な素材として珍重されました。



    「TAMAHAGANE]ではこの1400年以前前から残る伝統の製鉄法で出来た”玉鋼”を使用しています。



    TAMAHAGANE~パター トゥヒール

    田部家の「真火鐵」鋳造と切削を経たパターヘッドに刀匠が鍛錬した玉鋼を据えています。日本刀のごとく普遍的な輝きを表現し、鉄と人・地域・自然の調和による新しい価値をデザイン。
    低摩耗性のDLC (ダイヤモンド ライク カーボン)コーティングで仕上げています。





    【グリップ】
    グリップマスターでは最高位のフルグレインを使用。グリップとして求められるあらゆる性能をカバーした、世界NO1ブランドのグリップ。

    【マスターヘッド】
    SUS316Lはオーステナイト系ステンレスの代表的な鋼種で、耐食性、靭性、延性、加工性、溶接性に優れ、幅広い用途で使用されています。海水をはじめ各種媒質に対し、良好な耐食性を示します。
    玉鋼:日本古来のたたら製鉄で時間をかけてくべて出来上がる日本刀素材。







    製作工房:愛知県名古屋市/製作者:宮地 啓介

    付属品:TAMAHAGANEオリジナルヘッドカバー/専用収納桐箱

    スペック表

    税込価格 ¥
    必要マイル数 マイル
    長さ(インチ) クランク:34
    センター:34
    ベント:34
    ロフト クランク:3.5°
    センター:3.5°
    ベント:3.5°
    重量 クランク:545 g
    センター:560 g
    ベント:560 g
    ライ角 クランク:71° 右利き
    センター:71° 右利き
    ベント:71° 右利き
    素材(技法) 真火鐵(田部たたら)、DLCコート

    注意事項

      ・仕様は一部変更する場合がありますのでご了承ください。
      ・シリアルナンバーの指定はご容赦ください。
      ・色については印刷により実際の色と多少違う場合がありますのでご了承ください。
      ・表示の重量などは設計値です。実測値が設計値と若干異なる場合がありますのでご了承ください。

      ※お手入れ時の注意点
    • 雨天・晴天を問わず、プレー後は出来るだけ早めに汚れや水分を拭き取り、酸化を防止する純度の高いミネラルオイル(ベビーオイル等)でお手入れしてください。
    • ・車のトランクなど高温多湿の場所での保管は避けてください。

    ブランド情報

    奥出雲前綿屋 鐵泉堂
    (おくいずもまえわたや てっせんどう)
    奥出雲地方は、良質な砂鉄や山林資源に恵まれていたことから日本の鉄づくりの中心地として繁栄しました。
    江戸時代には技術革新によって飛躍的に生産量が増え、産業化が進展。最盛期には地域全体で国内の鉄生産の8割を賄っていたといわれています。

    「たたら製鉄」は炉を建造して行います。良質な土を用いますが、高熱に晒され続けるため1回の操業ごとに取り壊されます。
    炉に砂鉄・木炭をくべ、三日三晩かけてじっくりと燃焼。徐々に不純物が排出され、純度の高い「鉧(けら)」と呼ばれる鉄の塊が精製されます。

    1000年以上かけて工夫され進化してきた「たたら製鉄」。知恵と技術の結晶であり、日本のモノづくりの原点ともいえるでしょう。
    明治に入ると、海外から安価な洋鉄や溶鉱炉などの技術が流入。日本の製鉄産業は様変わりし、大正末期に「たたら製鉄」は産業としての役割を終えました。
    しかし、「たたら製鉄」が培った風土は脈々と受け継がれており、循環型の産業と営みは現代においてその価値を再び見直されています。

    SNSでシェア

    最近チェックした商品

    人気のブランド

    キャンペーン