• NEW

    平戸洸祥団右ヱ門窯 平戸菊花飾白磁花瓶 菊一輪

    平戸洸祥団右ヱ門窯(ひらどこうしょうだんえもんがま)
    税込価格 獲得マイル
    必要マイル数
    ¥ 33,000
    M 41250
    330マイル
    数量
    在庫なし
    税込価格
    ¥ 33,000
    *こちらの商品は出品者から直接発送させていただきます。他商品と合わせ買いの際は、それぞれの送料が計算されます。
    メーカー欠品時は2~3ヶ月ほど納期が掛かる場合がございます。

    商品詳細

    海外でもインテリア作品として人気があります。
    菊の花の細工は、平戸菊花飾細工技法によるもので、この技法は令和3年長崎県無形文化財に指定されました。当窯に代々伝わる伝統技法です。





    平戸菊花飾細工技法は、磁器製の菊の花を、手捻りで作る技法の一つです。
    先端のとがった竹の道具で、磁土の塊りから花びらの形に一枚ずつ切り出します。1周したところで、今度はそれらを一枚ずつ起こしていきます。



    何周もくり返すことによって菊の姿が現れてきます。壺や蓋、瓶に装飾として貼り付けられます。
    彫り起こしたときは、花びらの一枚いちまいが鋭く立っていますが、釉薬をかけ焼成を経ると自然の菊のような柔らかさが醸し出されていきます。

    制作は、長崎県無形文化財保持者 中里一郎によるものです。



    スペック表

    税込価格 ¥
    必要マイル数 マイル
    本体サイズ(縦×横×高さcm) 7.1×6.8×16.7
    素材(技法) 天草磁器
    重量 300 g

    注意事項

    • 1つ1つ手作業で制作しているため、色や大きさに若干の違いが生じる場合がございますのでご了承ください。

    ブランド情報

    平戸洸祥団右ヱ門窯
    (ひらどこうしょうだんえもんがま)
    平戸洸祥団右ヱ門窯では、三川内焼の薄さや長崎県無形文化財指定「平戸菊花飾細工技法(ひらどきっかかざりさいくぎほう)」、平戸置上技法(ひらどおきあげぎほう)、繊細な染付といった伝統技法を大切にしながら、よりよい作品づくりに励んでいます。

    400年にわたり技術を受け継いできた当窯は、昭和天皇御成婚の御大禮式典に嘉納の栄誉を賜り、1928(昭和3)年10月23日付をもって、宮内庁御用達の拝命を頂き、現当主に至っています。

    開窯以来、天草陶石を使い、白磁に青色の呉須(ごす・顔料)で描く染付を主として、平戸菊花飾細工を用いた装飾品をはじめ、蕪(かぶら)の絵柄を代表とする日用食器も多数制作しています。
    特に蕪は当窯に伝わる伝統的な絵柄で、平戸藩主・松浦隆信公が子孫繁栄を願って蕪づくりを推奨したことが由来です。

    また、明治、大正、昭和と当窯に伝わってきた美しい意匠をすべて見直し、現代に十分通用する卓越した器を選び、その再現に取り組んでいます。

    SNSでシェア

    最近チェックした商品

    人気のブランド

    キャンペーン