• NEW

    セラニスプロジェクト 会津本郷焼 宗像窯 ビアカップ

    セラニスプロジェクト
    税込価格 獲得マイル
    必要マイル数 獲得マイル
    ¥ 4,400
    M 5500
    44マイル
    数量
    在庫なし
    税込価格
    ¥ 4,400
    *こちらの商品は出品者から直接発送させていただきます。他商品と合わせ買いの際は、それぞれの送料が計算されます。

    商品詳細

    宗像窯の先祖である宗像出雲守式部は、767年(奈良時代)に福岡県宗像大社の神官として布教の為会津美里町(旧会津本郷町)に移り住み、宗像神社を建立し、代々神官をしていました。

    当時、神官は布教活動を行う地域で生活の糧を自らの工夫によって得るのが原則であったため、会津本郷焼の産地として発展していたこの地で、1719年(享保4年)より、宗像窯を創業し、神官の傍ら焼き物作りを始め、文政の頃、八郎秀延の代より専業となりました。

    1958年(昭和33年)、六代豊意(故人)の代には、ベルギーのブリュッセル万国博覧会において、にしん鉢がグランプリを受賞。また、1963年(昭和38年)には、秩父宮妃殿下のご来訪を賜りました。
    さらに、七代亮一(先代)は、福島県文化功労賞を受賞するなど、宗像窯の隆盛の基を築きました。

    2005年(平成17年)より宗像窯八代当主を利浩が継承し、近年では、フランス・パリなど国内外で個展を開催し、また東大寺(奈良)に抹茶碗を奉納するなどして今日に至っています。



    それぞれ焼き上がりに違いがございます。そのため、写真のものと現物がまったく同じものでないことをご容赦ください。

    スペック表

    税込価格 ¥
    必要マイル数 マイル
    本体サイズ(縦×横×高さcm)
    重量
    素材(技法) 会津本郷焼

    注意事項

      [お取り扱い]
    • 陶磁器は土が粗く吸水性が高いため、そのまま使用すると食べ物の水分や油分を吸い取ってしまいます。はじめてお使いになる際には、目止めをすることをお勧め致します。器と器全体が浸かる量の米のとぎ汁を鍋に入れ、15~20分ほど弱火で煮沸し、鍋ごと冷ましてからよく洗って充分に乾燥させることで目止めをすることができます。これにより、汚れや臭いの原因を防ぐことができます。
    • 目止めが難しい場合は、使い始める際にたっぷりのお水に半日から一日くらい浸してから水分をよくふき取りご使用ください。
    • ・電子レンジ、食器洗浄機、オーブンにはご使用にならないでください。

      [お手入れ]
      ・柔らかいスポンジと中性洗剤で洗っていただくことができます。
      ・茶渋などが使用していくうちに着色してしまうことがあります。
    • 器に少しずつ馴染んでいきますが臭いが気になるときは、重曹水に半日から一日つけてから乾燥させると、臭いがとれることがあります。
    • 水分を含んだまましまうとカビや臭いの原因となりますので、長期間戸棚にしまう際は、しっかりと乾燥させてから収納してください。

    ブランド情報

    セラニスプロジェクト
    セラニスプロジェクトは、「日本の陶器の魅力をよりわかりやすく、触れやすく」をコンセプトに、2017年より東京藝術大学との産官学プロジェクトとして開始しました。

    日本の陶器の美しさは世界的にも高い評価を得ていて、実用的かつバリエーションに富んでいる一方、窯元や作家の知識がないと買えないものや、一度に複数枚買わないと同じサイズのものが手に入らないなど、手を出しにくい面もあります。

    そこで、セラニスプロジェクトでは、厳選した国内各地の先鋭陶器作家・職人の方に同じデザインの陶器を制作して頂きました。
    各焼き物産地の土・釉薬・製法の特徴、地域それぞれにある自然をウェブ等で紹介することにより、いわば“オンラインの陶器見本市”として日本国内、海外に向けて発信しています。

    日本の陶器の重要な魅力のひとつとなっているのは、その土地ごとの土や釉薬、焼き手の技法です。
    各地の文化、技法を統一的に並べることで、各窯元の作風や風合いの違いや地域の景色を、陶器を通して伝えているのです。

    日本全国それぞれの地域にある魅力、土から生まれるその地域にしかないものづくり文化・食文化を発信し、地域への誘客を促し、産地自らが稼ぐ仕組み作りを支援し、地域文化の継承を目指しています。

    SNSでシェア

    最近チェックした商品

    人気のブランド

    キャンペーン