江戸切子 彩鳳(えどきりこさいほう)
江戸切子は、江戸時代後期に大伝馬町のビードロ屋加賀谷久兵衛が硝子に切子細工を施したのが始まりと言われています。
当時の庶民が日常的に使える美術品として愛されてきました。
江戸時代の切子の伝統は絶えることなく、現代に至るまで切子職人によって受け継がれてきました。
江戸切子は我が国に現存する江戸期の優れた硝子工芸品であり江戸時代を伝える貴重な伝統工芸品の製作技法です。

硝子工房彩鳳はの作品は、江戸伝来の技術を継承し熟練した切子工芸士が様々な伝統文様を基本に工房独自のデザインにより、見るたびにうれしくなり使うたびにゆたかになるような手作りならではの逸品、現代の江戸切子を作り出しています。

最近チェックした商品

人気のブランド

キャンペーン