塗り工房ふじい(ぬりこうぼうふじい)
GLASS + URUSHI
黒江の伝統技術と新しいアイデアによって生まれたGLASS JAPAN。漆塗りは今まで、表面に傷がつきやすいフォークやナイフを多様する洋食器の分野には不向きでした。
GLASS JAPANは、ガラスの透明性に漆の豊かな表現力を融合させることにより、今までの漆器のイメージを変え、新しい洋食器の可能性を生み出しました。

HISTORY
和歌山県海南市黒江は、400年以上の歴史をもつ黒江塗り漆器生産の中心であり、山中塗・会津塗とともに日本三大産地のひとつとして数えられています。海に面する温暖な気候から、漆の硬化に適当な湿度を持つなど漆器生産に適していたため漆器産業が栄えてきました。
川端通り周辺に昔の漆器職人たちの住居兼職場や問屋が通りに面してノコギリの歯のように規則正しく並び、独特な漆器町の景観が形成されています。

AB0UT YOSHIHIKO FUJII
藤井 嘉彦さん 1965年紀州黒江生まれ。
家業の漆器業の修行のため、単身、中東・アメリカ・ヨーロッパを見聞し、漆器製品の輸出や百貨店での展示などを手がける。漆塗りの技法をインテリアへとの想いから2001年に「塗り工房ふじい」設立。独自でガラスへの漆の定着化に成功し、世界初の漆塗り洋食器を開発、デザイン、製造、プロデュースしている。
漆技塗りを広めるべく、積極的に活動している。

最近チェックした商品

人気のブランド

  •    

キャンペーン

      
  •