備前焼 小西陶古 お猪口

    商品詳細

    「日本の陶器の魅力をよりわかりやすく、触れやすく」をコンセプトに、日本各地の陶器の魅力を伝える「セラニスプロジェクト」のお猪口。
    岡山県備前市に工房を構える小西陶古による製作です。

    窯元 小西陶古は、備前焼本来の赤松を使用した伝統の焼成を守り、量より質に重点を置いたものづくりを行っています。

    代々作家の家系で、明治初期の細工の名工と云われた永見陶楽の孫にあたる初代小西陶古(本名 小西陶一郎)が窯元を設立。

    初代はそれまで偶然に作られていた「桟切(サンギリ)」という景色を人工的に作り出す方法を考案しました。
    その鮮やかな桟切には特に自信をもち、美しい味わいを今も受け継いでいます。

    価格(税抜き)必要マイル数
    6,000 マイルで表示
    在庫
    在庫あり
    本体サイズ(縦×横×高さcm) 65×65×44 重量 50 g
    素材(技法) 備前焼 数量

    注意事項

    [お取り扱い]
    ・陶磁器は土が粗く吸水性が高いため、そのまま使用すると食べ物の水分や油分を吸い取ってしまいます。はじめてお使いになる際には、目止めをすることをお勧め致します。器と器全体が浸かる量の米のとぎ汁を鍋に入れ、15~20分ほど弱火で煮沸し、鍋ごと冷ましてからよく洗って充分に乾燥させることで目止めをすることができます。これにより、汚れや臭いの原因を防ぐことができます。
    ・目止めが難しい場合は、使い始める際にたっぷりのお水に半日から一日くらい浸してから水分をよくふき取りご使用ください。
    ・電子レンジ、食器洗浄機、オーブンにはご使用にならないでください。
    [お手入れ]
    ・柔らかいスポンジと中性洗剤で洗っていただくことができます。
    ・茶渋などが使用していくうちに着色してしまうことがあります。
    ・器に少しずつ馴染んでいきますが臭いが気になるときは、重曹水に半日から一日つけてから乾燥させると、臭いがとれることがあります。
    ・水分を含んだまましまうとカビや臭いの原因となりますので、長期間戸棚にしまう際は、しっかりと乾燥させてから収納してください。