硯SUZURI 正方皿 蒔絵蔓草

    商品詳細

    硯の主な原材料である玄昌石を利用し、硯職人が一つひとつ手作りしているテーブルウェア。石ならではのマットな質感と硯のもつ青黒く美しい表情が特徴です。

    表面だけ見れば青黒いマットなプレートですが、実はプレート側面にさりげなく蔓草(つる草)の蒔絵装飾がされた、日本古来の美術工芸とモダンプレートの融合が楽しめるお皿です。

    あえてプレート側面に金の蒔絵を施すことで硯特有の青黒さとマットな質感が引き立っているプレートに仕上がりました。

    マットな青黒いプレートは食材や料理の色彩やシズル感をより鮮やかに引き出し、さりげなくあしらわれた金の蒔絵は、のせるものをより上質かつダイナミックに演出してくれます。

    プレート側面の蒔絵「蔓草」は、生命力が高いとされる蔓がどこまでも伸びて生い茂っている様子を表現したもの。古くから、長寿や子孫繁栄のシンボルとして親しまれてきました。現代でも婚礼の調度品などのモチーフとしても使用されていますので、デイリーユースだけでなく大切な人へのギフトとして贈るのにもぴったりです。

    持ち手は持ちやすいよう、やや薄く、丸みのある形状に加工されています。

    さらに、底面はつるりとした質感に加工されており、手に持った時に滑らかな手触りが感じられます。水気が残る手で持ってもすぐに水分を吸収して蒸発させられる仕様のため、料理直後の湿った手でもっても落としにくい設計です。

    見た目の美しさや使うシーン・料理を選ばない万能性、実用性にこだわった逸品です。

    あらゆるシーンでスタイリッシュな食空間を演出してくれます。


    SUZURIシリーズについて

    Studio GALA(スタジオ・ガラ)のテーブルウェアシリーズ・SUZURIは、硯材の名産地・宮城県雄勝町の高品質な硯材を使用した人気テーブルウェアシリーズ。雄勝町の硯材の原料・粘板石は2億〜3億年前から存在する、やや青みがかった美しい黒色の石のこと。雄勝町では「玄昌石」という名で親しまれてきました。玄昌石ならではのマットな質感とひんやりした手触りも魅力的です。


    雄勝町の熟練の職人が一枚一枚丹念に手作りしており、1982年以降30年以上手堅い人気を誇るロングセラーシリーズでもあります。

    自然素材を利用した職人による手作りの製品のため、どのテーブルウェアも1点ずつ違った表情に。

    和と洗練されたモダンさが感じられるこのシリーズは日本だけでなく、世界の高級レストラン、ホテルでも愛されています。

    室町時代にはじまり、600年以上親しまれてきた玄昌石のテーブルウェアを食卓に迎えてみませんか。

    価格(税抜き)必要マイル数
    5,000 マイルで表示
    在庫
    在庫あり
    本体サイズ(縦×横×高さcm) 15×15×1 重量 579 g
    素材(技法) 玄昌石,金蒔絵 数量
    +

    注意事項

    ・天然石のため個々に石の文様が異なります。
    ・縁部分が欠けたような仕上がりは風合いとしてお楽しみ下さい。
    ・軽い擦り傷などがついたときは、消しゴムで擦ると周囲となじみます。
    ・強い酸性のものを乗せると変色する可能性がございます。
    ・水洗い可、食器洗い機使用不可。