我戸幹男商店(がとみきおしょうてん)

我戸幹男商店(がとみきおしょうてん)は明治41年(1908)、轆轤(ろくろ)の町・石川県山中温泉にて我戸木工所として創業。
木地師の理念を受継ぎ、漆器の元となる木地の完成度に拘った漆器を多く作っています。
近年ではデザイナーと精度の高い轆轤技法とのコラボレーションにて実用性と芸術性の高さを併せ持つ漆器を作り出し、国内外より高い評価を得ているブランドです。

石川県には「木地の山中」「塗りの輪島」「蒔絵の金沢」と称される三つの産地があります。
全国一の「轆轤挽き」産地である山中は、卓越した技を持つ木地師によって支えられています。
合口物などの精度を高める「縦木取り」、木地が透ける程に薄い「薄挽き」、無数に施される筋「千筋」などの加飾挽きは山中独自の技術です。

我戸幹男商店は、天然の素材が生み出す美しい木目、木地師が一つ一つ丁寧に挽き上げた木地の完成度を重んじ、決して隠すこと無く豪快に木目を見せます。
それは、裏を返せばごまかしが利かないということ。素材、木地の精度、透明感のある拭漆、すべてが完璧になってこそ成り立ちます。

その特色は、シルエットと精度へのこだわり。

轆轤挽きによる同心円という制約のもと、日本の伝統的な和の美意識に基づき、無駄な要素を削ぎ落とし、普遍的に美しいシルエットを追求しています。

また、山中漆器は「縦木取り」と呼ばれる、木が育つ方向に逆らわずに木取りする独自の方法を採用しています。
この方法は、他産地の「横木取り」に比べ一つの木材から取れる量は少なくなり手間もかかりますが、変形が少なく衝撃に強いのが特徴で、これにより高い精度を可能にしています。
蓋物などの合い口は精度による実用性を追求し、蓋物でなくとも木地の完成度が生み出している佇まいを大切にしています。

我戸幹男商店では伝統的な山中漆器の高い技術を活かした実用性、和の美意識に基づいた高い芸術性を追求し、長く愛される漆器作りを心掛けています。