堀口切子(ほりぐちきりこ)

堀口切子(ほりぐちきりこ)では、江戸切子を製造・販売しています。

江戸切子職人、初代秀石である堀口市雄氏の孫である堀口徹が、 二代目秀石(須田富雄)に師事し、その後、三代秀石として、技術と精神を継承し2008年に設立したのが現在の「堀口切子」です。

実際に使ったときのイメージを大切にし、器のフィット感や、飲み干したときの角度によって変化するカットの映り込みなどに配慮して、日々より良い切子作りに励んでおり、硝子と真摯に向い合い、お客様に感動と笑顔と驚きを伝えるため日々研鑽に努めています。

ものづくりの伝統を守り、「本物」をお客様に提供し続けるブランドです。