KOSEN(こせん)

KOSEN(こせん)は鍋島虎仙窯が手がける新しい鍋島焼のブランドです。

鍋島焼は、1675年、将軍への献上品を作るため、肥前国の有田・伊万里(佐賀県有田町、同県伊万里市)地域で選りすぐりの陶工31人を集結させて鍋島藩が築いた藩窯を起源とします。

庶民には決して手に入らない、将軍や大名だけが使うことのできた最高の品。
まさしく「大名の日用品」としてつくられた鍋島焼。陶工たちは国内最高の技術者集団として、持てる技術のすべてを傾け、子々孫々にわたり鍋島焼を焼造し続けました。

鍋島虎仙窯を営む川副家もそうした陶工一族の末裔です。
藩窯は廃藩置県とともに民窯へ姿を変えましたが、その技術はいまもなお、鍋島の名とともに虎仙窯へと受け継がれています。

「KOSEN」は、そんな長い歴史から受け継がれてきた鍋島焼の卓越した技術力を活かし、「美術品」と「量産品」の間に位置する「美術的商工藝品」として、日用品を創り出すブランドです。

鍋島青磁・色鍋島・藍鍋島という3つの技法を特色とし、品質、機能性、安全性に優れた新たなる鍋島焼を創り続けています。