能作(のうさく)

能作(のうさく)は大正5年(1916)、富山県高岡に400年伝わる鋳造技術を用いて仏具製造を開始、近年はテーブルウェアやインテリア雑貨、照明器具や建築金物なども手掛けています。

鋳造とは、溶かした金属を型に流し込み、冷やして目的の形状にする製造方法をいいます。
金属を流し込む型を鋳型(いがた)、その型から取り出してできた金属製品は鋳物(いもの)といいます。
能作は、素材特性を最大限に引き出すべく様々な鋳造方法・加工技術を用いることで鋳物の可能性を拡げ続けています。

「より能(よ)い鋳物を、より能(よ)く作る」を大切に、技術と素材を最大限に生かすデザインを探求し続け、高岡の地で人に愛され 地域に誇れるものづくりを目指しています。