西陣爪掻本つづれ織 WAYOオリジナル名刺入れ

    商品詳細

    爪先をヤスリで削ったギザギザの爪を「くし」の代わりとして使用し、よこ糸を織り込んでいく、「爪掻本つづれ織」。
    その技法を用いた、WAYOオリジナルの名刺入れが誕生しました。

    爪掻本つづれ織の織師は爪をノコギリの歯のようにギザギザに刻んでいます。それは爪先で文様となる糸を1本1本掻きよせるため。
    そのギザギザに刻まれた爪先で文様となる糸を1本1本、掻きよせて文様を織り描きます。その技法を『爪掻(つめがき)』といい、爪掻で織り上げた『つづれ織』を爪掻、爪つづれ、本つづれなどと呼びます。
    爪で糸を1本1本掻きよせて織る爪掻のつづれは「日に寸、五日に寸、十日に寸」と伝えられるほどの月日と高度な技術が必要であり、複雑な文様になると1日にわずか1cmしか織り進めないものもあります。そのため極めて生産数も少なく希少価値の高い織物となっています。

    今回職人の方に特別に作っていただいた名刺入れは、金糸と銀糸を織り込んだ霞柄と、空を思わせる青が印象的。
    WAYOでしか手に入れることのできない貴重な逸品です。

    価格(税抜き)必要マイル数
    12,000 マイルで表示
    在庫
    在庫あり
    本体サイズ(縦×横×高さcm) 11×7×1 重量 16 g
    素材(技法) 西陣爪掻本つづれ織 数量

    注意事項

    ・1点ずつ手づくりで製作しているため、色や柄が写真と異なる場合がございます。