平清水焼 青龍窯 お猪口

    商品詳細

    「日本の陶器の魅力をよりわかりやすく、触れやすく」をコンセプトに、日本各地の陶器の魅力を伝える「セラニスプロジェクト」のお猪口。
    山形県山形市の平清水に工房を構える「青龍窯」による製作です。

    青龍窯は、文化年間(1804~1818)に興った平清水焼の伝統を代々受け継ぎながら器を作り続けてきました。

    平清水の周辺の山々には松の木が茂り深い緑に覆われています。
    冬になるとその風景は一変し、雪が全てを覆い尽くし白一色となります。

    6代目の丹羽真弓さんは、地元の山から採れる原土と「残雪」と名付けた唯一無二の釉薬を使い、器にその景色を写しこみます。

    お燗にしたお酒を、この「残雪」で焼かれたぐい呑に注げば、いまにも解けてしまいそうなピュアな表情をみせてくれます。
    それ故に、お酒もすすんでしまうという酒好き泣かせの器でもあります。

    価格(税抜き)必要マイル数
    5,000 マイルで表示
    在庫
    在庫あり
    本体サイズ(縦×横×高さcm) 65×65×44 重量 70 g
    素材(技法) 平清水焼 数量

    注意事項

    [お取り扱い]
    ・陶磁器は土が粗く吸水性が高いため、そのまま使用すると食べ物の水分や油分を吸い取ってしまいます。はじめてお使いになる際には、目止めをすることをお勧め致します。器と器全体が浸かる量の米のとぎ汁を鍋に入れ、15~20分ほど弱火で煮沸し、鍋ごと冷ましてからよく洗って充分に乾燥させることで目止めをすることができます。これにより、汚れや臭いの原因を防ぐことができます。
    ・目止めが難しい場合は、使い始める際にたっぷりのお水に半日から一日くらい浸してから水分をよくふき取りご使用ください。
    ・電子レンジ、食器洗浄機、オーブンにはご使用にならないでください。
    [お手入れ]
    ・柔らかいスポンジと中性洗剤で洗っていただくことができます。
    ・茶渋などが使用していくうちに着色してしまうことがあります。
    ・器に少しずつ馴染んでいきますが臭いが気になるときは、重曹水に半日から一日つけてから乾燥させると、臭いがとれることがあります。
    ・水分を含んだまましまうとカビや臭いの原因となりますので、長期間戸棚にしまう際は、しっかりと乾燥させてから収納してください。