輪島キリモト(わじまきりもと)

輪島キリモト(わじまきりもと)は、江戸時代後期から明治にかけては輪島漆器製造販売を営んでおり、昭和の初めに木を刳ることを得意とする「朴木地屋」を創業。

特殊漆器木地をはじめ、家具全般をも手掛ける設備を整えました。

七代目泰一は、大学でプロダクトを専攻、企業でオフィスプランニングに携わった後、輪島に帰郷。

木地業の弟子修行を4年半行い、木地業からの造形提案、デザイン提案、漆器監修などを始めました。

「朴木地屋」を生業としながら、30〜40代の力ある職人さん達と一緒に漆の器、小物、家具、建築内装材に至るまで、漆が今に暮らしにとけ込むような可能性に挑戦し続けています。

15,000
輪島の地元材であるヒノキアスナロを使い、傷がつきにくい蒔地技法で仕上げた名刺入れ。 男性ならポケットに、女性なら鞄に。傷つきにくい蒔地仕上げは、汚れだってつきにくい。働き者にぴったりなアイテムです。 蓋を開ける時もスパッと気持ち良く、思わず見せたくなりますね。...
在庫あり
8,000
黒拭漆の蓋と白木の色のコントラストが美しいアテハコシリーズの箸箱。 朴の木を使用した蓋は、横にスライドさせて開け閉めすることができる蟻ほぞ仕上げです。 熟練の職人の技術に惚れ惚れする美しさです。 朴の葉は食べ物を包んだり、朴葉みそと言った調理の道具に使われたりと、日本人の生活に密着してきた木です。...
在庫あり
60,000
「楽しい形で飽きないものを。丈夫で抗菌作用もある安心安全な漆で。」というテーマのもと誕生した、小泉誠氏デザインのお弁当箱。 朴の木の塊を削り出して作る本体部分は、細部の加工が難しく、確かな技術を持つ職人だからこそ成せる形です。本体2段のうち1段には仕切りがあるので、おかずを分けて入れることができます。...
在庫あり
9,000
輪島漆器木地のためのヒノキアスナロを活用したお弁当箱です。木の持つ美しさをそのままに、職人の技術が感じられるアイテムとなりました。内側の仕切り板は取り外し可能なので、用途に合わせて使うことができます。...
在庫あり