HOME > 木工藝家 須田賢司 Vol.2 雅趣に富む独自の作風

木工藝家 須田賢司 Vol.2 雅趣に富む独自の作風

 
須田賢司
Kenji Suda
 

1954年東京生まれ。木工藝家の父・須田桑翠のもとで木工をはじめ、1973年日本伝統工芸展に初入選。1979年日本工芸会正会員。1992年群馬県甘楽町に工房を移転。2006年楓拭漆箱「皓月千里」で日本伝統工芸展朝日新聞社賞。2008年楓拭漆小箪笥「陸離」で同展日本工芸会保持者賞(宮内庁買上作品)。同年日本工芸会理事。東京芸大非常勤講師。2010年紫綬褒章受章。2014年に重要無形文化財「木工藝」保持者(人間国宝)に認定。ニュージーランドやスウェデーン、デンマークでのワークショップ等、海外文化交流にも力を注ぐ。

木が熟成する創作工房

須田が群馬県甘楽町に工房を構えて、四半世紀余りの歳月が過ぎようとしている。

須田が群馬県甘楽町に工房を構えて、四半世紀余りの歳月が過ぎようとしている。祖父の代から東京の下町で暮らしてきた須田にとって初めての引っ越しだった。転居のきっかけは東京の地価が高騰し、材木商たちが木材を仕入れた後、長期保存して乾燥させておく土地を持つことが難しくなったことが大きな要因だった。「木を観察し、性格を見抜き、経年変化を予測して使い頃を判断する。木工藝家にとって木と暮らす時間は、創作の時間そのもの。父は御蔵島の島桑を手元において保管していましたが、私も手元に材を置いておきたい。そしていろいろな作品に挑戦できる広い工房がほしいと思い、転居を思い立ちました」。

集めた材木は倉庫でワインと同じように熟成し、作品として生まれ変わる日を待っている。

関東平野はどこに行っても水田地帯が広がり、湿度も高く木工には向いていない。その点、群馬は空っ風が名物であるように乾燥した土地柄で、長期にわたって木材を保管するのに適している。それが工房を構えるいちばんの決め手だったという。集めた材木は倉庫でワインと同じように熟成し、作品として生まれ変わる日を待っている。

想いを、作品の名に込める

作品名の意味をたどっていくと、須田の作品の世界をさらに奥深く理解することができるだろう。

須田の作品の特長に、独特の作品名がある。「運命とか、月光とか、音楽の世界でもタイトルがついていると楽曲の主旨が理解しやすくなりますね。それと同じように、漢詩や大和言葉を引用した名をつけることで、作者の想いが伝わりやすくなればと思っています」。作品名の意味をたどっていくと、須田の作品の世界をさらに奥深く理解することができるだろう。

栃拭漆嵌装小箪笥「水光接天」

栃拭漆嵌装小箪笥「水光接天」
39.5W x 12.5D x 12.3H cm
10年以上前、懇意にしている銘木店の倉庫の片隅で見つけた日本の栃の木で作った小箪笥。埃をかぶり木目もはっきりしなかったが、削ると月に輝く水面のような杢が現れ、須田はそのとき愛好する漢詩の一節「白露江に横たわり、水光天に接す」蘇軾の「赤壁賦」を思い浮かべたという。黒漆で拭漆仕上げを施し、稜線には直径1mmほどの白蝶貝を象嵌した漆黒の柿材をあしらい全体を引き締めている。箪笥に欠かせない蝶番や正面の銀金具類も須田の自作である。

楓嵌装箱一対「二都物語」

楓嵌装箱一対「二都物語」
9W x 27.5D x 12.5H cm ×2
文化庁文化交流使としてニュージーランドを訪問時、デモンストレーションとして作った作品。両国の友好の象徴として同一素材、形態でありながら趣の違う2点で一対の作品としている。1 点は楓材の白さを生かし木地仕立てとし、白蝶貝の小円を象嵌。もう1点は黒漆で仕上げ、象嵌もニュージーランド特産のPauna-shellと白蝶貝をストライプに象嵌。内部は二段重ねの箱になっており、それぞれ色違いの流水模様の和紙の内貼りが施してある。

楓拭漆鋲装長方箱「五大陸」

楓拭漆鋲装長方箱「五大陸」
27W x 9.6D x 8.5H cm
ヨーロッパ、南北アメリカ、アフリカ、そして日本。世界各地の材、その特性を活かしてつくった小さな箱。縮杢はまっすぐ細かく入った貴重なもの。対比させた鳥眼杢も、文字通り鳥の目のような小さな粒が濃密に詰まって美しい。箱は開けたときに驚きがなければ意味がないという須田の考えから、内箱には黄金色とうねるような杢が生み出す輝きが特徴のモビンギを使った。さらに内箱には金砂子が蒔かれ、輝きの中にも深みのある色合いに仕上がっている。

マホガニーと御蔵島桑の箱「連理」

マホガニーと御蔵島桑の箱「連理」
26W x 18D x 24H cm
日本の木工藝家にとって桑は最も重要な材。須田家では御蔵島産の島桑を最上のものとしてきた。どんなに小さくても作品に存在感が生まれ、一部にあしらっても作品が引き立つ。戦前の全盛期に伐り出されたこのような島桑はまず出てこないという。一方、マホガニーは欧米の銘木として知られているが、この作品の材は縮杢が極めて美しい。桑とマホガニーが一体となった美しさを意識。2本の木が1本になった故事から夫婦和合の象徴として語られる「連理」を銘とした。

朴造拭漆小箪笥「風籟」

朴造拭漆小箪笥「風籟」
46W x 11.8D x 13.2H cm
朴という木は、文字通り表情は素朴、材質は均質で欅などのように年輪は明確ではない。反りやねじれが少なく安定しているので脇役になることが多いが、この作品は珍しく縮杢が出ている材の特長を生かしている。抽斗を引き出すとき、連子格子を通して抽斗側面の白黒の木画部分が見え隠れし、モアレ現象を起こす。その様子がざわめく風の音を視覚化したように思え、風籟と名づけたという。また盆状の台も用意され、実用性、作品性を高める配慮がつくされている。

御蔵島桑六角厨子

御蔵島桑六角厨子
28W x 36.8H cm
多角形の厨子を作ることは、木工藝家と呼ばれる以前の指物師にとって力量の試金石だった。家具や什器のような実用ではなく、人の心の拠り所としての厨子は、作り手の精神の発露といえる。とくにこの御蔵島の桑材は、父・桑翠が最晩年、病を押して製材に立ち会った思い出深い材。歳月が過ぎ、ようやく使える時期を迎えた銘木。安置される新羅金銅佛の六角の台座に倣い、扁平六角という類例のない形となった。金銷擬宝珠や銀金具類も含め全て自作している。

木の声を聴き、金具まで作る

私にとって木は作品を作るうえでの単なる素材ではありません。同じ木は二つとなく、作品と不可分な要素です。

南北に長く、四季のある日本の自然はさまざまな樹木を育ててきた。栗、楓、楢、桑、さまざまな木の持ち味があってこそ、木工藝は発展してきたのだろう。須田は言う。「私にとって木は作品を作るうえでの単なる素材ではありません。同じ木は二つとなく、作品と不可分な要素です。木の氏素性を知り、その性格を生かす。言葉を変えていえば、木の声を聴くことこそ、日本の木工藝の真髄のような気がします」。 父の仕事を毎日眺めながら肌で学んだ感覚と知識が須田の手の技の中枢を担っているというと言い過ぎだろうか。父・桑翠は金具が好きで用いることが多かったというが、須田は金具も自ら手がけ作品を仕上げている。

須田の工房には、木はもちろん金属を削る道具まで数えきれない道具が並んでいる。

「家具や調度は、木工藝家と金具を作る錺職との二人三脚で発達してきました。正倉院の木工藝を見ても、繊細で力強い印象の金具が使われています。幸いなことに、私がこの道に入った頃は名人と呼ばれる錺職の方々が健在で、実際に指導を仰ぐことができました。幸運な巡り会いが自分で金具を作るきっかけになりました」。須田の工房には、木はもちろん金属を削る道具まで数えきれない道具が並んでいる。清雅を標に、人間国宝 須田賢司は、これからどんな作品を作っていくのだろう。

二都物語

二都物語

価格 お問い合わせ下さい。
本体サイズ 9W x 27.5D x 12.5H cm ×2
素地 木材(シカモア・メープル、白蝶貝、パウアシェル、等)
塗り 漆、他

作品ご購入の流れ

①お問い合わせ

まずはお気軽にお問い合わせください。ご興味のある作家、ご希望の作品についてご連絡ください。サイト上に掲載されているもの以外にも様々な作品をご案内可能です。

②ご購入可能な作品のご案内

お問い合わせ内容をもとに、担当者よりご連絡させていただきます。細かいやりとりはお電話でもご対応させていただきます。

③お見積り・納期目安・購入規約書の確認

ご希望の作品のお見積り、納期目安、購入規約書をご連絡いたします。尚、納期につきましてはあくまでも目安となり、納品日を保証するものではございません。また送料に関しましては、全額負担になりますので、あらかじめご了承ください。

④ご注文の意思確認

お見積り、納期目安にご納得頂けましたら、購入規約書にサインをお願いいたします。

お問い合わせから意思確認までの流れ
{REPLACE}
⑤決済についてご案内

購入規約書にサインをいただき、ご注文の意思確認が取れましたら、決済についてご案内いたします。費用は全額前金にてお願いさせていただいております。

⑥ご注文確定

ご入金が確認できましたら、正式にご注文確定として在庫を確保させていただきます。

⑦お引き渡し

美術品として郵送、直接お伺いして手渡しの両方に対応しております。事前にご希望をお知らせください。送料や移動費等はお客様負担でお願いさせていただいております。

お支払いからお引渡しまでの流れ
{REPLACE}

よくあるご質問

お問い合わせについて

お問い合わせへのご返信
お問い合わせへのご返信は、通常2日~3日以内にお送りいたします。2日~3日経っても返信メールが届かない場合は、何らかの問題が発生している可能性が考えられますので、お手数ですが再度お問い合わせフォームよりご連絡ください。尚、土日祝日や年末年始などはご返信までにお時間をいただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
お問い合わせの対応言語
お問い合わせの対応言語は日本語、英語のみとなります。
お電話でのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせも受け付けておりますが、まずはお問い合わせフォームよりご連絡ください。

作品のご購入について

ご注文確定までの流れ
まずはお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。ご不明な点はこの段階でご質問いただき、担当者より在庫状況を含めて回答させていただきます。ご注文の意思確認が取れましたら、決済についてご案内いたします。費用は全額前金にてお願いさせていただいております。お客様からのご入金が確認できましたら、正式にご注文確定とさせていただきます。
作品のお引き渡し方法
美術品として郵送、直接お伺いして手渡しの両方に対応しております。事前にご希望をお知らせください。尚、送料や直接お伺いする際の交通費、宿泊費等はお客様負担でお願いさせていただいております。あらかじめご了承ください。
作品のご見学
ご注文確定前に、実際に作品をご覧いただくことは可能です。ただし、時期によってはお受けできない場合もございますので、まずはやり取りをさせていただいている担当者にご相談ください。
作品の保証
ご注文確定以降に当方の都合により納品不可能となった場合、全額返金いたします。
ご注文後のキャンセル
ご注文確定後のキャンセルはお受けする事ができません。あらかじめご了承ください。
納品後のメンテナンス依頼
お問い合わせフォームより一度ご連絡ください。クリーニングや塗り直しなどが必要な場合は別途費用が発生いたします。
作品の梱包
鬱金布で包み特製の桐箱に入れた上、更にタトウ箱に入ります。納品時はこれを緩衝材にて保護し、段ボールの外箱に入れ納品いたします。

作品についての注意事項

作品の特性
木工藝作品は繊細な美術工芸品です。他の美術作品以上に環境の変化にご注意いただき、作品に使用されている素材の性質を十分ご理解の上、丁寧にお取り扱いください。また、漆は急激な温度変化や激しい乾燥や湿気、強い衝撃には弱い性質があります。
・高温すぎるものを近づけたり、触れさせると漆の色が変色してしまうことがあります。
・長期間にわたり低温度な場所での保管やご使用をされると作品が変形をする場合があります。
取り扱いの注意点
・よい艶を永く保つには、いきなり強く拭かず柔らかい布で塵をはらい落としてから拭くようにしてください。
・絹布や化学ぞうきんは使用しないでください。傷や変色の原因になる場合があります。
・外光の入る部屋での長期間の展示や保管は禁物です。紫外線が作品の塗膜に影響を及ぼします。直射は厳禁です。
・作品は極端な乾燥により変形しますので、環境に合わせて水の入ったコップなどを置き、乾燥を防いでください。
・冷暖房器具のそばに置かないようにしてください。
・衝撃を与えないようにしてください。

国外対応について

国外からのご注文
国外からのご注文も受け付けております。お問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。尚、対応言語は日本語、英語のみとさせていただいております。あらかじめご了承ください。
輸出入手続き
作品の輸出手続きは当方にて行わせていただきますが、輸入手続きにつきましてはお客様ご自身にて行っていただきますようお願いいたします。尚、双方が正常に手続きを完了していても、何らかの理由により税関で作品の受け入れを拒否されてしまう場合がございます。その場合に生じた損害に関しては、当方は一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承ください。
お引き渡し方法
美術品として郵送、直接お伺いして手渡しの両方に対応しております。事前にご希望をお知らせください。尚、送料や直接お伺いする際の交通費、宿泊費等はお客様負担でお願いさせていただいております。あらかじめご了承ください。